お悩み・自覚症状

ぎっくり腰を毎年のように繰り返していて今回もなり来院した。
腰の痛みと繰り返していることで歪んでいる感じがあり特に歩行時に違和感がある状態。
今回はまだ酷くないが、靴下をはくことが辛い。
仕事も座っていることが長い時があり、徐々に痛みが出てきてしんどくなる。腰以外にも肩こりもある。

(30代 女性)

施術内容と経過

1診目
問診をしていくと、毎年のようにぎっくり腰を繰り返していて背中や肩も硬くなってしまっている状態。
診ていくと、姿勢が猫背で胸椎が丸くなってしまっていた。
動きを診ていくと、立位での腰の前・後屈時に痛みがあり運動制限もある。座位での後屈時にも痛みがあり腰椎を反ることができていない。
姿勢と動きを診ていき胸椎の硬さが根本となっていると考察をした。
治療は胸椎の動きを良くする足のツボや、前後屈時をできるように足のツボを選びお灸とあわせてした。
最後に胸椎周りに置鍼し終了。
治療後、立位での前後屈、座位での後屈が治療前よりもできるようになり痛みの緩和がみられた。

2診目
歩行時の違和感、日常での痛みはなくなったとのことだった。まだ姿勢や、動きによって痛みが出る。
今回は股関節の動きも診ていった。
屈曲時に詰まる感じと腰に痛みがあったので腸腰筋を緩めるツボを使用した。
胸椎付近置鍼と動きを診てツボを選び単刺し終了。
治療後、前回よりも動きと痛みが良くなった。

3診目
腰の痛みはほとんどないが、長距離の移動時に歪む感じと硬い気がしたとのこと。また、夜に足がつり違和感が残っている。
今回から腰と同時に肩周りも治療していく。
腰は前回と同様に治療していき、プラスで肩の治療もしていった。
最後にストレッチをし終了。
治療後足の違和感が消失した。肩まわりも楽になったとのことだった。

4診目
腰の状態はとても良く肩周りは凝っている感じはしているけど痛みはない。
前回と同様に治療し、プラスで脊柱と股関節のバランスを整える運動をし終了。

5診目
腰は良い状態をキープできている。肩まわりはお仕事でPC作業が多くなると重だるい感じが出てくる。
今回から腰はメンテナンスのように治療していき首、かた周りの動きを診て治療をしていった。
治療後、首・肩まわりの軽くなる感じと可動域が広くなった。

6診目
全体的に身体が軽い感じで生活ができているとのことだった。
姿勢も徐々に改善傾向にある。

7診目
良い状態を保てている。腰や肩が痛くなる感じもない。

8診目
良い状態を保てていて、胸椎の動きも良くなり筋肉の状態も良くなっている。
そのお陰で姿勢も良くなっている。

考察
今回の症例はぎっくり腰を毎年繰り返し、根本が胸椎の硬さでの姿勢が悪くなり腸腰筋が硬くなってしまっていたことが考えられ治療を進めていき改善ができた。
胸椎の硬さは姿勢が悪くなるだけでなく、自律神経や肩の動きなどにも影響があるので治療する際によく見るようにしている。
ぎっくり腰は生活習慣の中で筋肉が硬くなり、発症してしまうことが多いので腰に違和感を感じる、嫌な感じがしている際からのケアが必要になっていく。

主に使用したツボ
合谷・玉人・豊隆・内合陽・大腰

※施術の効果は個人差があります。

お客様の声

お客さまからいただいたメッセージ
ぎっくり腰になったため来院。
腰や背中の痛みが軽減されました。
肩まわりも楽になりました。

(YWさま)

関連記事

「●●」「●●」に関連する症例をご紹介します。

PCOSで排卵がうまくいかなかった方が妊娠された症例
続きを見る

いろんなことをしているのに妊娠せず、焦る気持ちや不安な気持ちがずっと続いていた。

自律神経失調症で起き上がるのも辛かった症例
続きを見る

とにかく倦怠感があり料理や家事をすることさえも困難な状況。 食欲もないためバナナやヨーグルトしか口にできずに、体重も減ってきてしまっている。

寝れないほどの首の痛みと更年期症状の症例
続きを見る

ピラティスもやっているのにどうしてこうなってしまったのかという気持ち。

聴覚過敏になるほどの自律神経の乱れ
続きを見る

聴覚過敏になるほどの自律神経の乱れでぐっすり寝ることもままならない。