お悩み・自覚症状

海外出張から帰国し、デスクワークが続き目の疲れかが気になっている。しょぼしょぼしてくることや、こめかみ付近に頭痛がある。
元々運動習慣もあるので、首肩こりはそこまで感じてこなかった。
帰国してから、眼精疲労以外にも逆流性食道炎も発症している。

(30代 男性)

施術内容と経過

・初診
眼の充血と、目の周りにむくみがありました。
首肩周りの硬さもあり、動きをチェック。お腹の反応(腹診)をして選穴しました。
首の硬さを取るために手のツボを使用し。むくみを取るために目の周りのツボも使用。
お腹の反応から下腿のツボを使用して置鍼し、首肩周りの変化を確認して初診は終了。

・2診目
初診時からお仕事が休みだったこともあり、症状は良くなっていた。
首肩周りの柔らかさも感じている状況だった。
前回の治療とうつ伏せでの背中の治療をしました。

・3診目
仕事をしてみて完治してはいないが良くなっていることを実感。1日の後半にかけて目が疲れてくる。
前日に飲み会があり、お腹の調子が悪いとのことだった。
腹診をした際に張りがあり置鍼。置鍼後お腹の張りは改善した。
他は同様に治療。

・4診目
仕事中に疲れを感じることはだいぶ減ってきた。お腹の調子もよく、逆流性食道炎の改善傾向にある。
首の硬さがなくなってきて動きが良い状態をキープできるようになってきた。
次回から治療の間隔を伸ばしていくことにした。

・5診目
遅くまでの残業が続くと目の疲れを感じる時が出てきた。
胃腸の調子は良くなってきているが、お腹の反応があったため同時に治療した。

・6診目
残業は続いているが、目の疲れを感じることも少なくなってきているとのことだった。
腹診の反応も良くなっていた。

・7診目
眼の疲れを感じることなく生活できている。
首肩の軽さもキープしていて、お腹の調子もよく逆流も消失したままだった。

現在も治療はしていて、眼と胃腸のケアをしつつ疲れずらい体を目指している。

考察:今回の症例はデスクワークだったのもあり、首肩(後頭下筋群)の硬さによる眼精疲労と考察していた。
胃腸は海外生活からの環境の変化もあり、疲労や自律神経を中心に診ていった。
結果症状の変化を確認することができ、治療を進めることができた。

主に使用したツボ:合谷、太陽、下巨虚、内谷



※施術の効果は個人差があります。

お客様の声

眼精疲労、肩もこりの軽減。
眼の調子が良くなったことや、眼精疲労が発生する原因メカニズムを丁寧に教えてくれた。
デスクワーク等で眼の調子が悪い方におすすめです。
是非トライしてみてください。

(Y.Fさま)

関連記事

「●●」「●●」に関連する症例をご紹介します。

忙しくなると胃腸症状がでてきてしまう症例
続きを見る

元々、忙しいと胃腸に症状がでやすく、来院2週間前から下しやすくなっていた。

低AMHでも妊娠することができた症例
続きを見る

元々生理不順あるも、第一子は自然妊娠により出産。第一子が3歳になり、第二子を考えたとき、AMHの値が1未満であるとわかり、不妊治療と合わせて鍼灸施術開始となった。

不妊症で3年以上悩んでいた方が妊娠された症例
続きを見る

不妊症 約3年以上、クリニックでタイミング療法を続けてきたが一向に妊娠に至らない。

聴覚過敏になるほどの自律神経の乱れ
続きを見る

聴覚過敏になるほどの自律神経の乱れでぐっすり寝ることもままならない。