お悩み・自覚症状

デスクワークで、眼精疲労があり痛みなどは感じないが眠くなるような感覚で、目を開くのがしんどくなる。
首から腰にかけて痛みがある。以前までは腰の痛みを仕事中に感じていたが、今回は背中のほうが強く感じるは初めて。
最近お腹の調子も悪く、腹痛などがあり原因は不明。

(20代 女性)

施術内容と経過

初診
問診→状況をお聞きし、眼精疲労が首、肩、背中の硬さから来ている可能性があると考察した。
検査→首、腰の動きを診ていった。首は動きは問題ないが回旋時に痛みがみられた。腰は立位と座位で診ていき背中と腰の痛み原因を探した。腹診をしていき内臓の状態の把握をしていきながら、体質や状況を聞いた。
治療→仰向けで足のツボを使用して腰の動きを診て動きと痛みの変化が出た。腹診をもとに腹痛に対しての治療を行った。
うつ伏せで頭や下腿のツボを使用して眼精疲労と首回りの治療をした。
治療後→背中の痛みの消失がみられた。首周りも軽くなった感覚と動きの改善がみられた。

2診目
背中の痛みはなく生活できた。腹痛も来なかった。眼精疲労と座って仕事をしている際に腰に痛みを感じたとのことだった。
治療は前回よりも手のツボや背中のつぼを使用した。
治療後は、腰の痛みが消失しているのを確認した。

3診目
お腹の調子は良く改善した感じがしている。背中の痛みはなくなってきているが、首の痛みが強くなってきている。
首の動きをみていくと前屈時に痛みがみられた。
背中のツボを使用して変化を見ていった。

4診目
眼精疲労を感じることなく仕事をすることができた。首の痛みも感じていない。
日常の動作で背中を少し痛めた。
治療は同様に行い、背中の動きを確認して下腿のツボを使用した。

5診目
前回の背中の痛みはなく。眼精疲労と首の痛み等も消失を確認したので、メンテナンスに入った。

考察:今回の症例は元々もっていた首・肩のこりから眼精疲労につながったと考察しました。
首の動きや、痛みからツボを選んで治療し治療ごとに変化を確認していました。
お腹は、腹診をもとに治療し症状の変化をみることができました。

主に使用したツボ:上天柱 合谷 手三里

※施術の効果は個人差があります。

お客様の声

針はに苦手ですが、鍼灸は痛くなく自然と痛みがとれ不思議な感じでした。
目のつかれ、首、腰などの痛みもなくなりました。
もみかえし等もなく痛みがとれたこと。
整体・マッサージ等でとれない。戻ってしまう痛みも解決できるかもしれないです。

(Nさま)

関連記事

「●●」「●●」に関連する症例をご紹介します。

夜勤があり生活のリズムが乱れ体の不調がでた症例
続きを見る

お仕事時間が不定期で夜勤もある。 仕事中にPC作業も多く、頚の痛みが慢性的に続いている。 生活のリズムが乱れたことにより、便秘や生理不順、頭痛もある。

忙しくなると胃腸症状がでてきてしまう症例
続きを見る

元々、忙しいと胃腸に症状がでやすく、来院2週間前から下しやすくなっていた。

朝起きた時の動悸と倦怠感、どこからともなくくる不安感を感じていた症例
続きを見る

朝起きた時の漠然とした不安感と動悸に悩まされていました。

PCOSで排卵がうまくいかなかった方が妊娠された症例
続きを見る

いろんなことをしているのに妊娠せず、焦る気持ちや不安な気持ちがずっと続いていた。