お悩み・自覚症状

来院2週間前から胃腸症状がでていた。
もともと忙しくなると胃腸にきやすく、下しやすくなっていた。
たまに痛みもでたり。去年胃カメラをしたらピロリ菌がいて、今年除去したからピロリ菌ではないはずとのこと。

(30代 女性)

施術内容と経過

来院当初、胃腸付近に不快感があり、電車にのるのも少し不安を覚えるほど。
下半身が冷えていて腰までむくみがありました。夜寝ても眠りが浅く、睡眠の質が良くない状態でした。
その影響からか肌はきれいでしたが、顎周りにややニキビできやすい体質と仰っていました。

初診
睡眠の質が胃腸に関係していると診たので、自律神経を調整して睡眠の質をあげるように治療しました。

2診目~4診目
前回のあとは便のゆるさはあったが、ぐっすり寝れるようになったとのことだったので、初診時と同じように治療しつつ、冷えがあったのでお灸も2診目から導入しました。
徐々に便の硬さも、お腹にあった不快感もなくなり電車に乗るときに不安になることもなくなったとのこと。

5診目・6診目
寒さから外に出ると過去に急性虫垂炎で手術した痕のところが痛んで気になるとのことだったのでそこも治療していくと、外に出ても痛みが気にならなくなったと仰っていただくことができました。


現在は、症状が再度戻らないようにメンテナンスとして通われています。


【考察・まとめ】
この方の場合、睡眠の質の低下がかなり胃腸に影響を及ぼしやすく、自律神経が乱れていたので、鍼灸が効果的に効いたなと思います。
手術痕に関しては、筋肉が強張りやすくなっており、血流もわるくなるため痛みが出ていたかと思われます。なのでお灸と針で患部の血流量をあげたことにより痛みも緩和されたと考えます。


【よく使用した経穴】
天枢・合谷・胃兪・脾兪・三陰交・豊隆

※施術の効果は個人差があります。

関連記事

「●●」「●●」に関連する症例をご紹介します。

1ヶ月4回の施術で下腹部痛と頭痛が改善した症例
続きを見る

来院の3日前に頭痛と胃の痛みがあり、翌日には背中の痛みも出てきた。頭痛と胃痛は治まってきたが、背中の痛みが強くなってる。来院当日は、主訴以外に下腹部の痛みと左足のしびれがあり。デスクワークの仕事の為、

PCOSで排卵がうまくいかなかった方が妊娠された症例
続きを見る

いろんなことをしているのに妊娠せず、焦る気持ちや不安な気持ちがずっと続いていた。

寝れないほどの首の痛みと更年期症状の症例
続きを見る

ピラティスもやっているのにどうしてこうなってしまったのかという気持ち。

低AMHでも妊娠することができた症例
続きを見る

元々生理不順あるも、第一子は自然妊娠により出産。第一子が3歳になり、第二子を考えたとき、AMHの値が1未満であるとわかり、不妊治療と合わせて鍼灸施術開始となった。