お悩み・自覚症状

出版社で働かれていて、肩の痛み、首の痛み、若干頭痛を持っていました。
元は営業、ここ2年くらいは編集部へ。
5月から9月にかけて残業や、休みの日も働く日があったりと忙しくプライベートの時間もなかなか取れなかった、忙しさが一旦落ち着いた時に気持ちが沈み込んだ時期がある。
生理前はPMSで落ち込むことがよくあった。

(30代 女性)

施術内容と経過

【施術】
○初診
本当に頚と肩が凝ってガチガチの状態でした。睡眠の質もそんなによくはなく、PMSで落ち込みを感じやすいとのこともあり、自律神経の乱れも感じられましたので、初診は肩と首の治療は少しにしてまずは睡眠の質を整えるところから始めていきました。その際にセルフケアで呼吸法をお伝えしました。

○2診目
前回終わってスッキリした感じがわりと続いたとのこと。身体を診ていくと後頚部の硬さはそんなに強くなく、斜角筋や、胸鎖乳突筋あたりの凝りの方が気になった。
そちらをメインに施術していきました。

○3診目
10日空いてしまったためか、肩がガチガチに戻っていく感覚があったとのこと。また、3日くらい寝つきの悪い日があったとおっしゃっていたので、診ていくと、胃経や脾経のラインが冷えていたのでその日は胃経と脾経を補うのをメインに治療していきました。足元が冷えていたので足湯をしてもらうようにお伝え。

○4診目
肩こりが気にならなくなってきた。そして頭痛がほとんどなくなった。足が冷えにくくなり睡眠の質もよくなってきたとのこと。

○5診目~現在
肩こりは気にならなくなっていたものの、少しづつ間隔をあけるタイミングでやや不安定さはあったが、10診を超えた今では肩こりになっても自分の力で元に戻る感覚を感じていらしたり、頭痛、生理痛、PMSでの落ち込みはかなり減った。
月経血の色が鮮やかになってきたとも仰っていて、かなり血流が良くなってきていることが分かります。

【考察・まとめ】
この方の場合、肩こり、首コリ、生理痛の原因はおおよそ血流の悪化からきていたようで、血流を悪くするようなものを取り除いたり、血流を良くするための呼吸法や足湯を取り入れたことにより、症状がかなりいい方向に向かったと思います。

【よく使用したツボ】
三陰交、陰陵泉、関元、腎兪、次髎、肝兪、膈兪、天柱など

※施術の効果は個人差があります。

関連記事

「●●」「●●」に関連する症例をご紹介します。

忙しくなると胃腸症状がでてきてしまう症例
続きを見る

元々、忙しいと胃腸に症状がでやすく、来院2週間前から下しやすくなっていた。

流産を2度経験し、不育症と診断された方が出産された症例
続きを見る

流産を2度経験して不育症と診断され、精神的にも不安定だった。

学業と仕事による腰痛と耳の詰まる感じがした症例
続きを見る

ここ1年くらい耳の違和感を感じるときがあり、放置していたがここ最近ずっと続いていて休んでも良くならない。 腰痛の方は慢性的ではあるが、資格の勉強を始め座っている時間が長くなり痛む頻度と痛みが強くなって

自律神経失調症で起き上がるのも辛かった症例
続きを見る

とにかく倦怠感があり料理や家事をすることさえも困難な状況。 食欲もないためバナナやヨーグルトしか口にできずに、体重も減ってきてしまっている。