お悩み・自覚症状

目の疲れ。ぴくつき、聴覚過敏、自律神経の乱れ
3か月前に業務が倍になった。
3か月前まではジムにいけていたけれど、最近は全くいけていない。10時間くらいデスクワークで。22時くらいに家に帰ってくる。
もともと休むことが苦手。
目のピクつきは3か月前からで後頚部が痛くなることあり、聴覚過敏は半年前から。換気扇の音でさえもうるさく感じる。
3~4時に一度目が覚める。
足むくみやすい。
もともとニキビで悩んでいて、ホルモン療法としてピルを飲んでいた。生理痛はもともとひどい。ピルの服用は4~5年
できることならピルもいづれはやめたい。

(30代 女性)

施術内容と経過

【治療】
○初診
まずは自律神経を整えていく必要があると感じ、自律神経の乱れを調整するような配穴で、家でのセルフケアとして呼吸法をお伝え。

○2診目
施術を受けたその日や、次の日は身体が軽かったとのこと。
聴覚過敏は変わらなかったけれど目の疲れはそんなに気にならなかった。
仕事が忙しく、むくみと肌荒れは結構あった。
2診目も初診同様に施術しました。

○3診目
便通がよくなり、肌荒れも少しづつ解消した。
仕事も落ち着いてきたことも相まって、疲れやすさはなかった。

○4診目以降
聴覚過敏や、目のぴくつきがきにならなくなってきた。
朝までぐっすり眠れるようになった。

【考察・まとめ】
忙しいことで睡眠の質が落ち込んでしまったことが自律神経を乱し、目のぴくつきや、疲労困憊、聴覚過敏を起こしてしまっていた。
だから逆に出てきている症状よりも一番最初に崩れていった睡眠の質から改善していくことで一つ一つ解決していくことができました。

【よく使用した経穴】
太陽・上星・百会・ゲキ門・中脘・関元・腎兪・次髎・天柱】

※施術の効果は個人差があります。

関連記事

「●●」「●●」に関連する症例をご紹介します。

身体に力が入りやすく、肩痛・首痛に悩んでいた方が緩解した症例
続きを見る

お気に入りの椅子をもって川とかにいき本を読んだり、ゆったりした時間が好きでその時間をとりたいけど疲れて外に行くのも億劫な状態になってしまっていること。

アトピー性皮膚炎があり朝が起きられず、通学がしづらくなった例
続きを見る

1年ほど前よりアトピー性皮膚炎の治療をステロイド剤から漢方薬中心に変更。症状には変動があり、痒みが辛い時は眠れず起床できず、通学しづらい日が続いた。肘裏・膝裏・首回り・顔に皮膚症状。下肢の冷え。腰痛。

鍼灸を受けて体外受精で着床がうまくいった症例
続きを見る

体外受精の着床率をあげたい!

第1子の妊娠中、産休入りの気分の浮き沈みと息苦しさが改善した症例
続きを見る

 第1子の妊娠中。産休に入り気分の浮き沈みと息苦しさが出現。息苦しさから体がぞわぞわし始めると数時間続いてしまう。